文字数カウントの使い方とオススメツールTop5をご紹介!

文字数カウントの使い方とオススメツールTop5をご紹介!

ITの発達によってネット上に文字を書くということの重要性は、年々重要な位置づけになっています。例えば、SEOライティングを行うことで商品やサービスを検索したユーザーが購入できるようになり販売を促進してくれます。
そこで今回は、オススメの文字カウンター、SEOにおける文字数やテキストの文字量や文字数についてご紹介します。
実際にすぐ使える5つ無料のオススメテキストカウンターツールを後半で解説していますので、自分に合ったものを試してみてください。

SEOのため最適な文字数とは

SEOを行う際には「特定のキーワードを盛り込んで検索にHIT」するようにします。そのためにSEOを行う際には十分な基礎文章とキーワードを挿入するなどのSEOライティングを必要とします。文字数も重要な要素ですが、Googleの検索機能に好まれるような文章で、また「ユーザーの関心」を持つような文章が必要です。そのため検索した人が楽しめる、または目的になるようなわかりやすい文章を作成する必要があります。
またSEOライティングを行うに当たり、競合のサイトのページを確認して、どのくらいの文字量でトップページに反映されているかも確認する必要があります。

Googleはページのクオリティを判定するためにクローラーというロボットで全サイトを巡回しています。
その際文章を頼りにコンテンツのクオリティを判定しているため、網羅的に充実しているWebページをランキング化して検索順位を決めています。
一般に1ページ目にランクインしているコンテンツの平均文字数は約4,000~5,000語となっています。
ただし、あくまで基準となるだけで、読まれているというクオリティの評価が重要なため、最適な文字数は断言はできません。

文字数をカウントするテキストカウンター

2-1. テキストカウンターが便利

前述通りSEOを行う際には、豊富な文字量が必要です。短文の商品説明では「GoogleのSEO」に引っかからず、検索した際の順位も落ちてしまいます。そのためSEOを行う際にはまずは文字量のあるコンテンツを制作する必要があります。文字量が多いコンテンツならばある条件を含めることで検索上位にHITします。
文字数の他の条件としては、特定のキーワードを複数含めるなどする必要があり、関連キーワードとともに文章に含めることでSEOの効果を得ることが出来ます。
また「オリジナルの文章でコピーしたテキストではない」ことが必須となります。様々な条件がありますが、独自のテキストを一定の文字数以上で作成することが大切です。
この時に文字数をカウントすることが可能なテキストカウンターを使用することで、文字数を簡単に確認することができます。文字数を確認して認識し、一定の文字数以上でのテキスト作成を行う必要があります。
テキストカウンターは文章をコピーして貼り付けるだけで、文字数を簡単に確認することが可能です。
テキストカウンターは各テキストの文字数だけでなく、検索上位に表示されている「他の競合のサイトの文字数」なども調査することが出来ます。
テキストカウンターを使いその他のサイトの文字数を確認しておけば、どの程度の文字量で自社の商品説明を作成したら良いかもわかります。

2-2. ランディングページ(LP)の文字数

SEOのためにランディングページと呼ばれるページを作成して商品やサービスのマーケティングをおこなことも可能ですが、この際にも文字数は重要なポイントです。競合他社の文章の文字数を確認してランディングページを作成しますが、文字数もトップページのその他のサイトと比較してその文字数以上の情報量を必要とします。

ランディングページは常に検索上位にヒットすることができるようにタイトルにもキーワードを含めるなどのSEOを行う際のテクニックも重要です。そのため本来はSEOが可能なプロのライターが作成するほうが効果的であり、「Googleの検索機能はコピーを嫌う」ために初心者がSEOをするならば文章のコピーなどにも注意が必要です。テキストカウンターを使用し、その他コピーチェックも行う必要があります。
コピーチェックを行うことで一致率なども確認することが出来、どのくらいの率でWeb上の他のページと重複しているのかを確認することが可能となります。
より効果的なSEOを試みるならば、このコピーチェックは非常に重要な要素となりますので、テキストカウンターを使用したあとは、コピーチェックもマストで行ってください。

テキストカウンターの使い方について

テキストカウンターは誰でも利用できるほど簡単で、操作はとてもシンプルです。使い方は作成したテキストコンテンツをそのままコピーするだけです。

文章データから文字をコピー&ペーストする方法 (ショートカットキー)

全文選択 コピー ペースト
Windows 「Ctrl + A」 「Ctrl + C」 「Ctrl + V」
Mac 「command + A」 「command + C」 「command + V」

テキストデータやWORDデータ、EXCELデータで作成したコンテンツもそのままコピーして貼り付ければ自動で文字数を解析してくれます。
そのまま簡単にその場で文字数を確認することができるので非常に簡単に使用することが可能です。
文字数の表示は「ENTER」のみのアクションでOKなので、だれでもオンライン上で自分で作成したコンテンツの文字数を確認することが可能で、SEOライティングを行ったのち最終的に文字数やコピーチェックを行い、Web上へアップロードします。

オススメテキストカウンターツールTop5

オススメテキストカウンターツールを紹介します。
ありがたいことに、オンライン上に無料で文字数カウンターが公開されていますので、オススメ順に紹介していきます。

オススメ1. ルフトツールズ(LUFTTOOLS) web・ウェブ制作に役立つ便利ツール集

ルフトツールズ(LUFTTOOLS)LUFUTTOOLは文字数をその場でコピーして貼り付けるだけで解析してくれる便利なテキストカウンターです。カウントボタンをクリックするだけで即文字数を表示してくれます。
も文字数をその場ですぐに把握することができる文字数カウンターです。ARISATORUもオンラインで使用することが出来、パソコンにソフトをインストールする必要もなくおすすめのカウンターツールです。
https://www.luft.co.jp/cgi/str_counter.php

オススメ2. 文字数カウント Sundry Street

Sundry StreetSundry Streetもオンラインで使用することが可能な文字数カウンターです。
そのまま空白に作製したテキストデータを貼り付けして使用することが可能で簡単にテキストの文字数を確認することが可能です。
テキストを入力すると文字数がリアルタイムにカウントできるので、書きながらカウントできるのが魅力です。
https://sundryst.com/convenienttool/strcount.html

オススメ3. Characterテキストカウンター

CharacterテキストカウンターCharacterテキストカウンターもオンラインでそのまま文字数を確認することができる文字数カウンターです。
テキストメッセージやMAC専用のWORDで作製したテキストもそのまま使用することが可能となります。時間のない方や、急いでSEOのため文字数を確認したい方におすすめの文字数カウンターとなります。
またソーシャルメディアやYouTubeなどで作製した説明文も同様にテキストカウンターを使用して文字数を確認することが可能となります。
https://charactercalculator.com/ja/

オススメ4. OFFLINEで文字数をカウントができるWORD

OFFLINEで文字数をカウントができるWORDネット回線が使えない時間帯でもオフラインで文字数を簡単に確認することが出来ます。特にWORDやEXCELはOFFラインでもオフィスをダウンロードインストールしておくことで、文字数を簡単に調べることが出来ます。
特にWORDはテキスト作成ツールなので、テキストを校正しながら文字数を確認することもできるのでSEOのテキストコンテンツを作成する際には最適なおすすめツールです。

オススメ5. Googleスプレッドシートの文字数カウント

Googleスプレッドシートの文字数カウントオンラインで共同作業する上で便利なツールとして、Googleスプレッドシートがあります。
表計算といった使い方の他に、テキスト情報の管理にも利用でき、使用している人も多いと思います。
表を利用して並べて文字数を表示してくれるので、一覧で作成する際には便利なツールの一つです。
例えば、Twitterの投稿文は140字なので、スプレッドシートで管理してそれ以内に収めると一覧で見れるので便利です。

LEN関数で文字数をカウントが可能

上記の図にあるように、Googleスプレッドシートには、セル内の文字数カウントしてくれるLEN関数が用意されています。
=LEN(数えたい文字範囲を選択)

その他ツール予備知識

5-1. TEXTデータについて ファイル (.txt)

テキストファイルはテキスト作成がよりラフにできるツールですが、文字数カンターは付帯していません。そのため「テキストファイルのデータのテキストの文字数」を調べるためにはオンラインで文字数確認できるその他のツールを利用する他ありません。
また、テキストファイルは文章の段落分けなども簡単にしか出来ません。その代わりプレーンなテキストファイルになるためデータ容量が少なく、その他の余計なデータを含みません。

5-2. コピーチェックサイト

コピーチェックサイトの利用は文字数をオンライン上で確認でき、更には内容が他の文章と重複していないかを判別することができる、一石二鳥で利用できるツールです。コピーチェックを行うことはSEOを行う際には非常に重要な要素となります。
SEOの基本的なルールとしてはオリジナルの文章でその他のサイトからの情報をコピーして掲載しないという条件があるので、作成した文章は一度コピーチェックで確認することが大切です。

5-2-1. 無料コピペチェックツール CopyContentDetector

無料コピペチェックツール CopyContentDetectorCopyContentDetectorは、無料で複数の文章を解読できるコピーコンテンツチェックツールです。
4000字までの、文章チェックであれば無料で回数無制限で利用可能です。
結果も分かりやすく、速度も早く簡単な操作で、十分に活用できるツールです。
有料版では文字数が上がり、APIやサポートを受けることができます。
https://ccd.cloud/

まとめ

今回は、SEO対策を意識しながらテキストカウンターをご紹介しましたが、文字数を確認するためには様々なツールを無料で利用することが出来ます。
コピーチェックと同様に使用して一定の文字量でSEOライティングを行うことを意識しましょう。